2019年12月08日

2019年12月08日(日) 「特急まほろば」を撮りに行く

 2019年11月02日(土)から12月08日(日)まで運転された新大阪−(大阪ひがし線経由)−奈良の臨時特急「まほろば」をまとめてアップします。

 まずは大阪ひがし線の定番の撮影地放出−高井田中央間に行きました。

train_20191102_sat_004.jpg
2019年11月02日(土) 大阪ひがし線 放出−高井田中央 9022M 特急まほろば 287系


 次は11月24日(日)に大和側の渓谷の紅葉を狙って関西本線の三郷−河内堅上の亀の瀬に出かけました。
 12月07日にカメラのSDカードからパソコンにデータを移しました。パソコンのデータを確認しないままカメラのSDカードをフォーマットしました。
 パソコンの画像を見ると「特急まほろば」だけが入っていません。
 どうやらカメラのSDカードからパソコンにデータを移す時に特急まほろばを選択しないままデータを移す作業をしていたようです。

 次は12月07日(土)に関西本線の三郷−河内堅上に出かけました。
 こちらは正面からのアップを狙いました。これでヘッドマークが付いてれば良かったんだけど・・・。

train_20191207_sat_005.jpg
2019年12月07日(土) 関西本線 三郷−河内堅上 9022M 特急まほろば 287系


 次は11月24日に失敗した関西本線 三郷−河内堅上の亀の瀬に再度出かけました。幸いにも大和側の渓谷の紅葉は残ってました。

train_20191208_sun_001.jpg
2019年12月07日(土) 関西本線 三郷−河内堅上 1756K 201系

train_20191208_sun_002.jpg
2019年12月07日(土) 関西本線 三郷−河内堅上 3342K 大和路快速 221系

train_20191208_sun_007.jpg
2019年12月07日(土) 関西本線 三郷−河内堅上 9022M 特急まほろば 287系

train_20191208_sun_010.jpg
2019年12月07日(土) 関西本線 三郷−河内堅上 2102M 直通快速 207系

 これで関西本線の大和路線を走る全ての車種を撮ることが出来ました。


 今日はこれからTOEICの勉強です。10年前に受けた時は255でした。今週末の試験で何点取れるかな? 
posted by edamas at 13:21| 大阪 ☁| Comment(0) | 鉄道写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月30日

2019年11月30日(土) 扁平タイヤ 空気圧を下げたらタイヤはどうなる?

私の乗っている Vitz-G's(NCP131)には 205/45 R17 の扁平タイヤが標準サイズになっています。

扁平タイヤは空気が抜けても見た目で分からないとの知識はあります。

そこでタイヤ交換前に空気圧を下げたらどうなるか試してみました。


まずはほぼメーカー指定値の2.3Kg/mです。
地面からホイールのリムまでは60mmあります。
2019119(土)_タイヤ交換 001.jpg

次に15%下げた 1.95Kg/mです。
タイヤを横から見てもほとんどわかりません。
写真は無いけど前から見るとサイドウオールが少し膨れている程度です。
地面からホイールのリムまでは57mmあります。
2019119(土)_タイヤ交換 002.jpg

次に半分の1.15Kg/mまで下げてみました。
タイヤを横から見てもほとんどわかりません。
写真は無いけど前から見るとサイドウオールがもっと膨れている程度です。
これも標準空気圧での膨らみ方を知らないと気づかない程度です。
地面からホイールのリムまでは54mmあります。
2019119(土)_タイヤ交換 003.jpg

実験してみると45の扁平率でも空気圧を半分まで下げても見た目では分からない状態です。

空気圧の点検は月に1度しています。走行中にパンクして空気圧が下がった時に気づけるか心配です。
次のタイヤ交換の時に空気圧モニターを付けるのもいいかもしれません。

posted by edamas at 09:54| 大阪 ☀| Comment(4) | Vitz-G's (NCP131) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月23日

2019年11月23日(土) R1200RT LC シフトアシストPro 故障して保証修理を受ける。

R1200RT LCには標準装備でシフトアシストProが付いています。

シフトアシストProとはクラッチやスロットの操作をせずにシフトペダルの操作だけでシフトアップダウンの操作をしてくれる機構です。
1速→2速へのシフトアップはシフトアシストProで行うとシフトアップの衝動が大きく使えないです。
2速以上のシフトアップと6速から1速までのシフトダウンは十分使えます。

私のR1200RT LCは去年の夏ごろからたまにシフトアシストProでシフトアップができないようになりました。この時は中途半端な操作をしたからできなかったと思ってました。

2019年の冬頃からはある程度走らないとシフトアシストProでシフトアップできなくなりました。一度シフトアップできると何事も無くできるようになりました。
2019年2月の1年点検の時に指摘しましたが、モトラッド・ミツオカ大阪店での点検で問題が再現しなかったのでそのままになりました。

2019年10月になるといくら走ってもシフトアシストProでシフトアップが全くできなくなりました。さらにシフトダウンもできないことが多くなりました。


2019年11月にオイル交換でモトラッド・ミツオカ大阪店に行きました。
もう一度シフトアシストProでシフトアップできないと指摘しました。オイル交換込みで3時間ほど待った結果、問題は再現して原因を調査するとシフトアシストProのセンサーの故障と判明しました。これでようやっと保証修理が受けれました。

IMG_0498.jpg

今回の修理は延長保証のおかけで無料でしたが、保証がなければ部品代だけで8万円ほどかかるそうです。


延長保証中に
・1回目の車検時にヘッドライトユニット交換 17万円
・今回のシフトアシストProセンサー交換 8万円
と12万円払って入った3年延長保証のおかげで助かりました。


BMWを持つには2つの大きな物が要ります。

・故障を笑って許せる大きな心
・修理代をドンと出せる大きな財布

大きな心は持っていても大きな財布は無いのでお願いですから延長保証が切れた後にもう壊れないでください。



posted by edamas at 20:16| 大阪 ☀| Comment(4) | 空水冷R1200RTLC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする